千葉でおススメの就職支援サイト

性別:女
年齢:25歳
住んでいる地域:千葉
職業:テレホンアポイント
年収:約220万円

 

私はつい最近25歳になったばかりで、音楽が好きで短大を出てから音楽で飯を食っていく!といういわゆるよくあるフリーターに陥りやすいパターンの一つだ。
短大を出たばかりは、夢が一杯で現実も社会も見てないから、やっていけると思っていたが実際は違かった。
フリーター1年目でそのことに気づいた。
一緒の大学に通っていた友だちは、銀行に勤め給料は安いが安定を手に入れた。
その頃私はシフト制で朝起きる時間もバラバラで不規則。短大からの延長線上としか思えなかった。
なので、その頃1度正社員として就活活動をした。見事1社内定をもらった。はたらいくで探し、ずっと働きたかった音楽系の会社だ。でもそこはいわゆるブラック企業。パワハラも日常茶飯事。新人の私に皆冷たく、お局の上司は強く当たって来た。
ある日突然社長に呼び出された。出勤5目のことだった。今日で終わりだから。「あー、試験期間やっと終わったのか。」と私は思った。
でも違かった。違うから、今日で会社辞めてもらうから。
意味が分からなかった。何も教えてもらってない。理由も私がやったことじゃない。
不当解雇だった。
その後、私のフリーター生活はまだまだ続いた。
正直、私の場合やりたくてフリーターをしている訳ではない。9:00?18:00、完全週休二日、固定給が本当に羨ましい。
しかし、短大を卒業してもう3年目。25歳。きっと同じ歳の正社員で内定をもらい、働いている人はきっとバリバリ仕事出来るようになっているんだろう。とか思うと同窓会にも顔出すのも嫌になる。
私の間違えた所は沢山ある。音楽をやろうと思わなければこんな事にならなかったし、短大の時にちゃんと就活活動していればもしかしたら安定した生活を送れたのかもしれない。
今、彼氏もいて付き合って7年目になるが結婚の話は1度も出てこない。これは私がフリーターだからだと私は思う。
実際、1度別れた時理由がフリーターだから。ということだった。フリーターの彼女と付き合っているのは恥ずかしいと言われた。

そりゃそうだ。私だって自分自身が恥ずかしい。なのに他人が私のこと誇らしいと思ってくれるはずないと思う。
フリーターをやっていて不安なことは沢山ある。でも一つだけ言えるのは、結婚や将来のこと考えるんだったら絶対に正社員の方がいいってこと。